Call Us : 0985-58-6622

ドライアイの栄養

Home  >>  お知らせ(ブログ)  >>  ドライアイの栄養

ドライアイの栄養

「あなたはまばたきをしないで10秒開けたままでいられますか」これがドライアイを見分けるキーワードだそうです。

10月1回目の九州電力「恭子先生の食べて元気に!医食同源&食育セミナー」のテーマは: 読書の秋、さんまEPAにはドライアイ防止効果あり!EPAで「目にうるおいアップ」料理を作りましょう

・主食ーさんまの缶単混ぜご飯

・主菜ーさんまの蒲焼&焼きなす

・副菜ーさつまいもとりんごの重ね煮

・副副菜ー昆布の煮付け

・汁物ー菊花汁

最近、学会で発表されたEPAの情報と、それをもとにした調理実習とパワーポイントで進めていきました。

ドライアイの原因として考えられるのは

①加齢  ②コンタクトレンズの装用  ③長時間にわたるデジタル機器の使用  ④夜更かし  ⑤乾燥した部屋

その対策として

①こまめな休憩をとる

②パソコンやテレビと適正な距離を保つ

③室内の湿度を調整する

④室内の明るさを適正にする

⑤意識してまばたきの回数を増やす

⑥目を温めて血行を促進する

⑦目の健康にいい食材を食べる  などです。

食事対策はPPから抜粋して添付しました。

その中でも、血液さらさらに関係するEPAは青魚に含まれます。

DHAは、乳幼児の脳の発達や神経の発達に関係します。

EPAは、血液血管の健康維持に関係します。

そして

EPAは体内でDHAへ変換もできるのです。

まさに

子供にはDHA,大人にはEPAが大切だということになります。

この両方の栄養素を持っている「さんま」は優れもの・・・

今日の医食同源では、サンマを使って

「さんまの缶単混ぜご飯」

「さんまの蒲焼」をご紹介いたしました。

10月の2回目は29火で

お問い合わせ&お申し込みは、

電話0120-986-704

(九州電力 月~金9-17時)

文責:管理栄養士  野田恭子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です