Call Us : 0985-58-6622

ご質問にお答えいたします。(貧血)

Home  >>  お知らせ(ブログ)  >>  ご質問にお答えいたします。(貧血)

ご質問にお答えいたします。(貧血)

ある日、私のHPにこんな質問がきました(文責:管理栄養士 野田恭子)
女性の貧血について効果ある食品は何ですか・・・」
少しでもたくさんの方々に知っていただきたいので投稿しますね。
〇 まず貧血とは
貧血検査をして、赤血球に含まれるヘモグロビンが正常値以下に低下した状態をいいます。
WHO(世 界保健機関)の基準では,男性で 13 gdl,女性 で 12 gdl未満と定義されています。血液が薄い状態をいいます。
ヘモグロビン濃度が薄いと体の末端まで酸素や栄養源が行き届きません。

〇 原因としては
1) 鉄需要の増加(成 長や妊娠など)
2) 鉄供給の低下(鉄の摂取不足 や吸収不良)
3) 鉄の喪失(月経,消化器・婦人 科疾患に伴う出血)などいずれか、または重なっ て生じた時に鉄欠乏状態となり,直ちにあるい はゆっくりと貧血が発症します。最近ではストレスによる貧血者も多くなったきました。

〇 症状としては
他覚的には皮膚,粘膜症状 が多く,顔面・眼瞼結膜の蒼白,舌炎,咽頭炎, 爪の変形などがあり、舌炎や 咽頭炎は酷くなると異物感や嚥下困難を伴います。
自覚的には立ち眩み、息切れ、抜毛、耳鳴、頭痛などです。

※ 1番大切なことは原因を追究することです。
検便をして出血があったら、子宮、内臓(胃、十二指腸、大腸など)などの精密検査も必要です。
出血がなかったら、鉄欠乏症の貧血の可能性が大です。最近ではダイエットなどで貧血になる方も少なくありません。

〇 鉄欠乏性の貧血の食事は
①鉄分(レバー、緑黄色野菜、海藻など)
②タンパク質(魚、肉、卵、大豆製品、牛乳など)
③ビタミンC(野菜や果物)
④葉酸(レバーや緑黄色野菜)
の4つの栄養分がヘモグロビンを作成するには必要です。

この1つの栄養素が不足してもヘモグロビンは作られません.
中でもおすすめの食品はレバーです。
レバーは、上記の①②④を持っている食品です。
レバーに淡色野菜を一緒に使用すれば最高の貧血に打ち勝つ食材になります。
その働きは、豚のレバーを10をすれば、牛のレバーは5、鶏レバーは1になります。

〇 具体的には必ず3食食べること。
例えばある日の献立を紹介いたしますね。
<朝食>
ご飯・味噌汁(豆腐とわかめ)・納豆(にらやネギをたっぷり)・ほうれん草のお浸し・牛乳
<昼食>
うどん(わかめ)、おでん(卵、大根)、野菜ジュース
<夕食>
ご飯、レバーの焼鳥、ピーマンと椎茸の焼鳥、トマトサラダ

ポイントは
主食(米・パン・麺・いも)
主菜(肉・魚・卵・大豆製品などと色の濃い野菜を組み合わせる)…レバーは3日に1回は食べる
副菜(野菜とくに色の濃い野菜

超簡単おいしいレバー料理(4人分)
レバー(豚レバーの鉄分が一番多い)400g
塩麹    大匙1
醤     大匙1(カレー粉小匙1に変えても美味しい)
みりん   大匙1
片栗粉   大匙2
揚げ油

① レバーを塩麹に半日漬けこんでおく
② ①に醤油・みりん・片栗粉を入れて混ぜ合わせる。
③ 高温の油で揚げる
塩麹はレバー特有の臭みを取るためです。

※ この献立に野菜サラダを食べればばっちり「貧血に打ち勝つ食事」になります。    以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です