Call Us : 0985-58-6622

9月2日、土曜日恒例、綾の(恭子先生のでとっくす500Kcalランチ)

Home  >>  お知らせ(ブログ)  >>  9月2日、土曜日恒例、綾の(恭子先生のでとっくす500Kcalランチ)

9月2日、土曜日恒例、綾の(恭子先生のでとっくす500Kcalランチ)

綾の「でとっくす500ランチ」は先週の9月2日に大好評で終了いたしました。9月は6〜8月のアンコールメニュー。
◯主食 つぶつぶ雑穀米
◯汁物 リコピン冷汁
◯主菜 チキンのハーブ蒸
◯選べる副菜 ①新じゃがと青菜のナムル ②切干大根のカルボナーラ ③ピーマンのペペロンチーノ
◯副副菜 ここどれ野菜サラダ
◯デザート 梅ゼリー&冬虫夏草入ごぼう茶
テーマは「夏バテをでとっくす」

500キロカロリーにしたコツは、チキンを蒸し物にしたところです。

宮崎の郷土料理「冷汁」は江戸時代の農家の人が、夏の暑さに打ち勝つように作られたものです。
いりことゴマと味噌を擦って、すり鉢に張り付け、焼いて、それを伸ばします。豆腐や大葉、ミョウガなどを具にして、出汁で伸ばした汁にいれ、ご飯にかけるぶっかけご飯。
でとっくすランチでは、これをベースに出汁とトマトジュースと半分で伸ばしてみました。
さらにトマトのリコピンの抗酸化力が夏バテをデトックスします。夏の強い紫外線からシミなどから守ります。

また主菜のチキンに含まれるビタミンB類をハーブとネギがサポートして、冷汁のつぶつぶ雑穀米をスムーズにエネルギーにしていきます。

「冷汁」は素晴らしい宮崎の郷土料理です。
色々な出汁でお楽しみください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です