Call Us : 0985-58-6622

今日は七夕

Home  >>  お知らせ(ブログ)  >>  今日は七夕

今日は七夕

今日は7月7日は七夕ですね。
織姫と彦星のロマンチックな伝説が有名ですが、七夕は五節句のひとつで「星祭り」とも言われています。
七夕で有名なのが、「そうめん」
この七夕にそうめんを食べる風習は地域によってもばらつきがあるようです。

ずっと昔は「索餅(さくへい)」と呼ばれるお菓子が食べられていました。

索餅は小麦粉と米の粉を練って縄の形にしたお菓子です。

この索餅が、他の言い方で「索麺(さくめん)」とも呼ばれ、それが時代を経て「素麺(そうめん)」に変化して七夕にそうめんを食べるようになったのです。
また「七夕にそうめんを食べると大病にかからない」と平安時代の書物にも書かれており、古くから宮中では七夕にそうめんが食べられていました。そして庶民の間にも、七夕にそうめんを食べる風習が広がり現在に至ります。
また、この平安時代に七夕の節句にそうめんをお供物し、

笹に願い事を書いた笹飾りは、6日の夕方に立てて、そうめんは「お供え」のひとつだったんです。

そして、お供えしたそうめんは次の日7日に食べる風習が現在に残ったとされています。
その他のお供え物には旬の野菜や果物を並べました。トマト、ナス、きゅうり、スイカなど。

旬のものは、栄養価も高く、季節の変わり目として体調を崩さないように、旬の食物から生命力をもらい邪気を祓うという目的もあります。

七夕の今日は、旬の野菜や果物を食卓に並べてそうめんをすすりながら家族の健康を願いましょう。

例えば、主食(そうめん)、主菜(冷しゃぶ)、副菜(季節野菜のサラダ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です