Call Us : 0985-58-6622

2月3日 節分だよ

Home  >>  お知らせ(ブログ)  >>  2月3日 節分だよ

2月3日 節分だよ

2月3日の今日は節分。

節分とは、「季節を分ける」という意味があり、言いかえると、季節の変わり目。

日本には四季がありますので、季節の変わり目は年に4回あります。

各季節の始まりは、立春、立夏、立秋、立冬。それぞれの前日が節分と呼ばれています。

ということは、節分も年に4回あることになりますが、現在の節分は2月3日の1回ですよね。

その理由は、旧暦では、立春が一年の始まりとされているからなんですよ。

現在で言う、節分=大晦日、立春=元日だった訳ですね。

これから始まる新しい1年の前に鬼を払い、不幸や災いのない一年になるようにの願いを込めてこの時期に節分が行われるのです。

暦の上での大みそかは、12月31日。年末には大掃除をしたり、大晦日には、年越しそばを食べたり、除夜の鐘を鳴らしたりしますよね。 季節の大みそかは、今日の2月3日。いよいよ明日から季節の元旦の春。

一年の変わり目を大切に思う気持ちは、今も昔も変わらないですね^^

大みそかがお蕎麦なら、節分は、豆まき。

鬼は~外。福は~内と言いながら豆をまき、年の数+1(数え年)だけ豆を食べてますが、なぜ豆まきをするのでしょうか?

 

その由来は、昔、京都にある鞍馬山から鬼が出てきて、都を荒らしていました。 そのときに鬼を追い払うのに炒った大豆を使ったことから豆をまくようになりました。

 

また、語呂合わせで「魔目=豆・まめ」「魔滅=豆・まめ」となっています。 「魔=鬼」として、豆を鬼の目に投げつけることや、鬼を追い払うことに通じているんですね。

 

このような理由から、新しい1年を無病息災で過ごせるようにと、豆をまくようになりました。

 

  • また、豆まきで使う大豆は炒った大豆を使いましょう。 まいた豆から目がでるのは縁起がよくないとされています。これからの1年に、悪いことが起きないように願いをこめること。
  • 豆まきは、悪い鬼を追い払うために行うこと。
  • これからの1年に、悪いことが起きないように願いをこめて、巻きましょう。

では節分メニューはどんなものがあるのでしょうか

くわしくはこちら→

 

節分の日に食べる食材は

①    いわし

鬼がきらいな食べ物で、とげのある柊につきさして玄関に立てておくのが風習でした。焼いたときの煙が害虫除け、食べたら栄養補給、鬼が苦手な食べ物なので厄除けで節分の日には食べるようになりました

 

②   豆

 

その由来は、昔、京都にある鞍馬山から鬼が出てきて、都を荒らしていました。 そのときに鬼を追い払うのに炒った大豆を使ったことから豆をまくようになりました。

 

また、語呂合わせで「魔目=豆・まめ」「魔滅=豆・まめ」となっています。 「魔=鬼」として、豆を鬼の目に投げつけることや、鬼を追い払うことに通じているんですね。

 

このような理由から、新しい1年を無病息災で過ごせるようにと、豆をまくようになりました。

 

  • また、豆まきで使う大豆は炒った大豆を使いましょう。 まいた豆から目がでるのは縁起がよくないとされています。これからの1年に、悪いことが起きないように願いをこめること。
  • 豆まきは、悪い鬼を追い払うために行うこと。
  • これからの1年に、悪いことが起きないように願いをこめて、巻きましょう。

 

③    こんにゃく

植物繊維がたっぷり入っている食材なので、体のお掃除役です。昔からおなかのすりおろしといわれていますよね。

 

④   おそば

大みそかと同じで、長寿の意味が込められています

 

⑤   けんちん汁

昔はお祭りというと、けんちん汁。たっぷり入った具で冬の体を温めてくれます

 

そして1998年、コンビニの商法戦力で恵方巻が食べられるようになりました。

ルールは3つ

①   一人一本切らずに

②   黙って食べる

③   今年の恵方は北北西を見て食べる

 

今日は主食・・・恵方巻

主菜・・・イワシ料理

副菜・・・コンニャク入りけんちん汁

デザート・・・入り豆

で決定。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です