Call Us : 0985-58-6622

2017年、明けましておめでとうございます。

Home  >>  お知らせ(ブログ)  >>  2017年、明けましておめでとうございます。

2017年、明けましておめでとうございます。

 お正月に食べる料理といえば,おせち料理ですよね
重箱にきれいに詰められているおせち料理には、その1つ1つに意味があります。

今では、お正月に食べるお祝いの料理を指しておせち料理といいますが、その起源は古く、弥生時代といわれています。
当時の人々は、作物の収穫を季節ごとに神様に感謝し 生活の節目をつけていました。 自然の恵みや収穫に感謝して神様に供えたものを「節供(せっく)」といいます。 また、供えたものを料理して 大漁や豊作を願い、自然の恵みに感謝して食べた料理を「節供料理」といいます。この「節供料理」がおせち料理の始まりです。

 中国から節句の行事が伝わると、 宮中では元旦や五節句の宮中行事の際に「節会(せちえ)」と言われる宴が催されるようになります。節会で神様に供えたり、振舞われた料理を「御節供(おせちく)」といい、その後、略されて「おせち」と言われるようになりました。

江戸時代になり、庶民が宮中行事を 生活に取り入れるようになると おせち料理は全国的に広がっていきました。1年の節目で一番大切なお正月に食べる料理を おせち料理と呼ぶようになったのも、この頃です。

おせち料理を漢字で「御節料理」と書くのも納得しますよね。
※五節句とは?
1年に5回ある季節の節目の日(節日)のことで
1月7日(人日)、3月3日(上巳)、5月5日(端午)
7月7日(七夕)、9月9日(重陽)をいいます。

おせち料理は、もともと日本にある行事食でもあります。そして 重箱に詰められた料理や素材が、それぞれに意味を持っています。
それはまとめた図を投稿していますのでご覧ください。

簡単にまとめてみると
(一の重)
おとそを祝うための祝肴(数の子、田作り、黒豆、たたきごぼう)や口取り(かもぼこ、伊達巻、栗きんとん等)を詰めます。

(二の重)
口代わりの酢の物と焼き物を詰めます。
一の重に詰め切れなかったものや煮物を詰めても大丈夫です。

(三の重)
筑前煮や煮しめ等、季節の野菜をたっぷり使った煮物を詰めます。

(鏡餅)
お正月といえば、もう一つ鏡餅がありますよね。
この鏡餅はどうしてお正月に飾るのでしょうか?

鏡餅は神仏にささげるものとも、神様と人間をつなぐものとも云われています。形状も一般的な丸いお餅をふたつ重ねたものだけでなく、三枚重ねたものや紅白と色違いで重ねたもの、またお砂糖を固めて象ってあるものなど地方によっても特色があるようです。
お餅の形の丸さが昔の鏡に似ているところから「鏡餅」と名づけられたと云われています。鏡というのは「三種の神器」の一つで、天皇家が代々、受け継いできている神器のひとつにもあるように、
日本人にとっては宝物の象徴の形です。また鏡には神様が宿るという言い伝えがあります。

おせち料理を食べたときは、どうしても野菜不足になってしまいますので、野菜サラダを特別につけたり、野菜ジュースを意識して飲むと、おせち料理も体に優しくなりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です