Call Us : 0985-58-6622

10月10日宮崎神宮大祭「神武さま」食のイベント企画ーグランシェフの饗宴ーに参加いたしました

Home  >>  お知らせ(ブログ)  >>  10月10日宮崎神宮大祭「神武さま」食のイベント企画ーグランシェフの饗宴ーに参加いたしました

10月10日宮崎神宮大祭「神武さま」食のイベント企画ーグランシェフの饗宴ーに参加いたしました

 目的は2つ。同僚の日南学園高等学校調理科教職員4人の研修会、もう一つはモナリザの河野透シェフと宮崎観光ホテルの高屋正信総料理長へ、卒業生がお世話になっているのでご挨拶でした。
会場には超満員の230名が集まっていました。img_76061img_76081

宮崎の特産物と秋を生かしたメニューにはそれぞれ感動があり,まず色彩と盛りつけ。とにかく綺麗でお皿がキャンバス。また一つ一つの素材を生かした味つけと創造性にはうならせるものがありました。 山幸と海幸の食材に恵まれた宮崎県民であることを誇りに思った時間でもあり、と同時に食のプロとしての使命感を感じました。img_76041

欲を言うなら、量が多すぎて、食べきれなかったことです。
4人のシェフがそれぞれの役割分担で頑張っていることが伝わってきましたが、残念なことに残してしまったことです。 各量を80%ぐらいにすると、全体がまとまり、全部食べれるのにと思いました。老若男女様々な人を集客するイベントは、視点をどこにおくのかはとても難しいものがあります。もてなす心ってなんだろうと改めて考えてしまいました。

今回のテーマは「米」
1.オードブル① 「刀根鶏のテリーヌ 宮崎のエッセンス」川越シェフ
こんなに体にやさしい鶏肉が宮崎にあったのですね。
上にのっていたエッセンスが全体の味をぐっとまとめていました。img_76071

2.オードブル② 「季節の海と大地の恵み」 高屋総料理長
大きなプレートに5つ小プレートがのっていました。
海幸山幸が大集合。とっても楽しめました。
この時点で満腹になってしまいました。img_76091

3.リゾット 「伊勢海老のリゾット」河野シェフ
ソース、ご飯どれも伊勢海老が入っていて、満腹にもすんなり入っていきます。どこかに伊勢海老のみじん切りが入っていたらと思いました。img_76111

4,魚料理 「太刀魚とかぼちゃ」柏田料理長
椎茸を太刀魚で巻いていたものが中心に置かれ、周りはかぼちゃのスープでした。柏田料理長は日本料理が専門だけに、この献立を決めるのは大変だったろうなあと思います。ここで醤油の味がすると「起承転結」の転の役割をするのにと思いました。
例えば、芯となる椎茸を醤油で煮たものを巻くか、添え物に椎茸の佃煮を添えるとか、上に置いてある黒米を甘辛く煮たものにするとか・・・img_76121

5.肉料理 「おいも豚ロース肉のロースト」 河野シェフ
肉とソースのバランスがとってもおいしかったです。肉が冷たくても素材が生かされていました。見た目が、オードブル①と似ていたのが気になりました。
私には量が多く、この半分でよかったです。上に添えられている稲穂が季節とイベントの趣旨を語っているように思え、忘れられない盛りつけでした。img_76131

6.デザート 「シブーストオランジェのクレームショコラ添え」 芋生シェフ
全体のバンランスがとっても良かったです。それぞれが相乗効果をかもしだしていました。こちらも最後のデザートとしては量が多く、残してしまいました。 ショコラを半分ぐらいがよかったのではと思いました。胃にずしっとのこってしまいました。img_76171

宮崎出身の頑張っているシェフたち、食材に恵まれた宮崎・・・神話の宮崎を感謝するとともに、宮崎の将来性を感じたグランシェフの饗宴でした。新感覚で取り組む姿勢に学ぶところがとっても多いイベントでした。%ef%bd%8b%ef%bd%81%ef%bd%97%ef%bd%81%ef%bd%8e%ef%bd%8f

宮崎観光ホテルのサービスは行き届いていて居心地の良い空間でした。

4人のシェフの皆様、サポートされたシェフの皆様そしてサービスをされたスタッフの皆様、ごちそうさまでした。img_76221

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です