Call Us : 0985-58-6622

久しぶりのボイストレーニング!!

Home  >>  お知らせ(ブログ)  >>  久しぶりのボイストレーニング!!

久しぶりのボイストレーニング!!

先日久しぶりのボイストレーニング。
1日中、続けて6時間の授業があると、さすがに声がでなく時があります。声がでなくなったら授業ができなくなる・・・そんなきっかけで始めたボイストレーニング・・・
講師は馬渡松子先生。メジャーデビュー前はDREAMS COME TRUEのバックバンドに在籍し、コーラスとキーボードという同時に二役のサポートを務め、その後、フジテレビ系アニメ『幽☆遊☆白書』の主題歌を担当し、注目された方です。img_73041
先生は、いつも姿勢と腹式呼吸の事を中心に進めていかれます。
腹式呼吸で声がでるようになると、授業も講演も歌も楽になるからとおっしゃいます。
なかなかつかめなかった腹式呼吸・・・やっとわかりかけました。
重心を腰に持ってきて、姿勢を良くして、酸素を瞬間的にいっぱい吸い、体中の二酸化炭素を一粒も残さないように吐き出すことの繰り返し。
このコツがやっとつかめかけそうです。声を出すことが今以上に楽しくなってきました・・・%e9%85%b8%e7%b4%a0

腹式呼吸の4つの効果とは?
1.副交感神経が優位になる
呼吸するとき息をしっかり吐くと、副交感神経が優位になってリラックス効果が生まれ、血管が弛緩して血液の循環が良くなるため、ホルモンが分泌しやすくなったり免疫の働きが活性化しやすくなるそうです。
腹式呼吸で特に意識して欲しいのは、息をできるだけ長く吐き出すこと。呼吸は吐くことよりも、吸うほうが簡単にできます。呼吸が浅い人は、吸う方が多くなってしまうため、リラックスしにくい体につながってしうそうです。

2.代謝がアップする
腹式呼吸で、肺の中にある二酸化炭素をしっかり吐き出す。そうすると新しい酸素がより多く体内に入りやすくなります。
体内に新しい酸素が多く入ってくると、脂肪が燃焼しやすくなる効果を期待できます。特に、有酸素運動前に腹式呼吸をすると、脂肪の燃焼を促進することができます。

では
腹式呼吸の正しいやり方とは?

健康やダイエットなど効果が大きい腹式呼吸ですが、やり方がなかなかわかりませんでした。実はいたってシンプル。

先生がおっしゃたのは、
① 仰向けになり下腹に手をあてる
仰向けになり、へそ下の下腹部分に手を置きます。腰痛がある人は、膝を立てましょう。そうすると腰への負担が軽減されます。
お腹を膨らませたり、凹ませたりする。
息を吸うときにお腹を膨らませ、息を吐くときに下腹を凹ませます。息を吸うのが3秒くらいなら、息を吐くのは10秒~15秒と長めに吐き出します。体は動かさないように気を付けて、下腹だけ動かします。

あなたはリラックス派、それともエクササイズ派?
お腹の上に手を置いたままでも、腰下へ手を入れたままでも、どちらでも構いません。息を「吸って吐く」を1回として数えます。リラックスをメインとするなら、回数は5~10回程度くらい。寝る前などに行うと、深い睡眠が得られやすくなります。
くびれを出したいなどのエクササイズがメインなら、30回以上など回数を多くします。お腹周りの筋肉を使った感じがあるか確認します。息を吐き出すときに、お腹周りの筋肉が小さく収縮することをイメージしながら行うと効果が上がるそうです。
ただいま寝る前、5回実践中。

腹式呼吸をするだけで、リラックスからエクササイズまで効果を実感できるからすごい。しかも簡単にすぐに取り入れられることがメリット。
慣れてきたら立位の状態や、椅子に座った状態でもできるようになるそうです。
また、腹式呼吸が上手にできるようになると、骨盤周りが締まってきて、楽に声が出るそうです。

酸素を体中にいっぱい取り入れ、二酸化炭素を絞りとるように出すということは、人として生きる基本なのですね。1日中とおしの授業になると後半声が出づらくなりました。もっと楽に声を出したいという想いから始めたボイストレーニング。 先生は、いつも姿勢と腹式呼吸の事を中心に進めていかれ、 腹式呼吸で声がでるようになると、授業も講演も歌も楽になるからとおっしゃいます。
重心を腰に持ってきて、姿勢を良くして、酸素を瞬間的にいっぱい吸い、体中の二酸化炭素を一粒も残さないように吐き出すことの繰り返し。
このコツがやっとつかめかけそうです。声を出すことが今以上に楽しくなってきました。

腹式呼吸の4つの効果とは?
1.副交感神経が優位になる
呼吸するとき息をしっかり吐くと、副交感神経が優位になってリラックス効果が生まれ、血管が弛緩して血液の循環が良くなるため、ホルモンが分泌しやすくなったり免疫の働きが活性化しやすくなるそうです。
腹式呼吸で特に意識して欲しいのは、息をできるだけ長く吐き出すこと。呼吸は吐くことよりも、吸うほうが簡単にできます。呼吸が浅い人は、吸う方が多くなってしまうため、リラックスしにくい体につながってしうそうです。

2.代謝がアップする
腹式呼吸で、肺の中にある二酸化炭素をしっかり吐き出す。そうすると新しい酸素がより多く体内に入りやすくなります。
体内に新しい酸素が多く入ってくると、脂肪が燃焼しやすくなる効果を期待できます。特に、有酸素運動前に腹式呼吸をすると、脂肪の燃焼を促進することができます。

では
腹式呼吸の正しいやり方とは?

健康やダイエットなど効果が大きい腹式呼吸ですが、やり方がなかなかわかりませんでした。実はいたってシンプル。

先生がおっしゃたのは、
① 仰向けになり下腹に手をあてる
仰向けになり、へそ下の下腹部分に手を置きます。腰痛がある人は、膝を立てましょう。そうすると腰への負担が軽減されます。
お腹を膨らませたり、凹ませたりする。
息を吸うときにお腹を膨らませ、息を吐くときに下腹を凹ませます。息を吸うのが3秒くらいなら、息を吐くのは10秒~15秒と長めに吐き出します。体は動かさないように気を付けて、下腹だけ動かします。

② あなたはリラックス派、それともエクササイズ派?
お腹の上に手を置いたままでも、腰下へ手を入れたままでも、どちらでも構いません。息を「吸って吐く」を1回として数えます。リラックスをメインとするなら、回数は5~10回程度くらい。寝る前などに行うと、深い睡眠が得られやすくなります。
くびれを出したいなどのエクササイズがメインなら、30回以上など回数を多くします。お腹周りの筋肉を使った感じがあるか確認します。息を吐き出すときに、お腹周りの筋肉が小さく収縮することをイメージしながら行うと効果が上がるそうです。
ただいま寝る前、5回実践中。img_73031

腹式呼吸をするだけで、リラックスからエクササイズまで効果を実感できるからすごい。しかも簡単にすぐに取り入れられることがメリット。
慣れてきたら立位の状態や、椅子に座った状態でもできるようになるそうです。
また、腹式呼吸が上手にできるようになると、骨盤周りが締まってきて、楽に声が出るそうです。

酸素を体中にいっぱい取り入れ、二酸化炭素を絞りとるように出すということは、人として生きる基本なのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です