Call Us : 0985-58-6622

今日から2学期!! 貴方は自分の子供(家族)がしょんぼりとして学校や職場から帰ってきたらどうしますか。

Home  >>  お知らせ(ブログ)  >>  今日から2学期!! 貴方は自分の子供(家族)がしょんぼりとして学校や職場から帰ってきたらどうしますか。

今日から2学期!! 貴方は自分の子供(家族)がしょんぼりとして学校や職場から帰ってきたらどうしますか。

今日から2学期!! 貴方は自分の子供(家族)がしょんぼりとして学校や職場から帰ってきたらどうしますか。

① 学校や職場であったことを聞き出す。

② 黙ってあたたかなココアを出す

 

うーん・・・答えは②

 

miruku

 

私は、娘の野田あすかが学校でいじめにあった時、①に一所懸命でした。でもそれは自己満足の世界だということをあすかの本を見て知りました。

今だったら、牛乳やココアを人肌に温めて黙って差し出すことができそうな気がします。きっと自分から涙を流しながらぼつぼつと話すまで待つだろうな・・なぜって?

自分から話すまで、話しやすい環境を作ってあげる。それまで待つ・・・それが見守ることだとあすかが34歳になった今は少しわかりつつあります。

待つことを娘から学びました。聞き出すことは自己満足の世界だということを本を見て知りました。今だったら牛乳やココアを人肌に温めて黙って差し出して待てそうな気がします。

まず人肌に温めたものを体に送り込むと体温と一緒になって心が落ち着きます。

そして牛乳はカルシウムの補給としては抜群の食品です。

カルシウムの必要量は1日600mg。コップ3杯に値します。この600mgの99%すなわち594mgは骨や歯の成分になります。これを先に送り込むと残りの1%の6mgは血液の中に送り込まれ、心を落ち着かせます。だから少ない量だと血液の中に送り込まれないのでイライラするのです。ミネラルってわずかな量だけど働きがすごい。余ると貯金する栄養素です。

牛乳はカルシウムの補給としては抜群ですが、冷の食品ですので体を冷たくして腸の調子を悪くする場合があります。温めて飲む方が心身ともにやさしいです。ここに抗酸化力のあるココアをいれると相乗効果で心をもっと落ち着かせます・・・そのうちに自分からぼつぼつと話し出しますよ。是非試すだけの価値はあります。 kokoa

カルシウムの食品は、小魚、海草、牛乳乳製品が代表です。煮干しをしゃぶるのもいいですが、ほんのり温かな牛乳やココアの方が温かで落ち着く気がします。

今日は、子育てに失敗した母親と食の伝道師としてのアドバイスでした。

10月19日、娘の野田あすかは、発達障害のピアニストから心がほっとするピアニストへデビューします。14095801_1056814064438389_7143723720200809880_n

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です