Call Us : 0985-58-6622

ところでつやつや、ふさふさの髪の毛の栄養は・・・

Home  >>  お知らせ(ブログ)  >>  ところでつやつや、ふさふさの髪の毛の栄養は・・・

ところでつやつや、ふさふさの髪の毛の栄養は・・・

8月のヘヤーテーマは「スカイハイ」.さすがヘヤ―デザイナー芦辺さん。
8月の暑さもこのヘヤースタイルでのりこえまーす。
ところでつやつや、ふさふさの髪の毛の栄養は・・・Kami

「タンパク質」「ビタミン」「亜鉛」が髪の3大栄養素・

まずは「タンパク質」
髪の毛の主要成分はタンパク質で組成されています。
タンパク質は髪の毛を健康に成長させる上での最重要栄養素。
よく「アミノ酸が髪にいい!」なんていわれるますが、タンパク質の最小形態がアミノ酸です。
だからアミノ酸すなわちタンパク質が必要不可欠です。
例えば、育毛サプリメントは、アミノ酸の一種である「ケラチン」の成分を配合しています。
タンパク質には動物性と植物性と2種類あります。
動物性タンパク質は、肉・魚・卵に含まれており、植物性タンパク質は豆腐や納豆の大豆製品に含まれています。
両方バランスよく摂取することが大切ですが、薄毛を含めて髪の健康のことを考えると、植物性タンパク質を優先して摂取したほうがよいでしょう。
動物性タンパク質は摂取しすぎると内臓に脂肪がつきやすくなり、
内臓機能低下・血行不良・血液質の低下を招きます。
血液機能の低下はハゲの原因になりますので、どちらかといえば植物性タンパク質がお勧めです。
育毛サプリメントは、植物性タンパク質が豊富な大豆に含まれる
「イソフラボン」からできています。

2番目に頭皮環境を正常化「ビタミン」
ご存じのとおり、ビタミンにはいろいろなかたちがあるのですが、
そのいずれもが頭皮環境を整え、髪の毛の正常な成長を促進する働きを持ちます。
<ビタミンB2・B6>
ビタミンB2・ビタミンB6は細胞の代謝活動を促進する働きがあるため、十分な量が頭皮に供給されていれば毛母細胞の分裂活動も活発に行われます。
また、頭皮の皮脂分泌量のコントロールも行うため、乾燥や衝撃から頭部を守れるだけの皮脂分泌を助ける働きがあります。
ビタミンB2が含まれる食べ物:レバー、青魚、卵、大豆、乳製品、ウナギ
ビタミンB6が含まれる食べ物:肉類、サケ、マグロ、バナナ、ナッツ
<ビタミンE>
ビタミンEには血管の拡張作用があります。血行不良は頭皮への栄養供給を阻害しますので、ハゲ予防には効果的です。ビタミンC類と共に摂取するとより吸収効率が高まります。
ビタミンEが含まれる食べ物:魚介類、ごま、植物油
最後にビタミンの吸収効率を上げる「亜鉛」
亜鉛は、髪の毛の主成分であるタンパク質を毛髪合成する際に必要な栄養素でミネラルの一種です。亜鉛を豊富に含む食材は限られているため、三大栄養素のなかで一番不足になりがちです。
亜鉛が含まれる食材を覚えて、意識して摂取するようにしましょう。栄養が偏りがちな食事をしている方はこの栄養素は重要です。
亜鉛が含まれる食べ物:レバー、牡蠣、魚介類、アーモンド、チーズ、うなぎ、大豆、海草類Kami

「タンパク質」「ビタミン」「亜鉛」の3大栄養素を含む献立として
例えば「納豆にごまを振って食べる」「カキフライ」「うなぎにごまたっぷりのワカメの酢物」の組み合わせは
髪をつやつやに、ふさふさにする組み合わせです。
8月は紫外線がたっぷり。傷んだ髪もOK。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です