Call Us : 0985-58-6622

7月27日はスイカの日。スイカって「果物?」「野菜?」

Home  >>  お知らせ(ブログ)  >>  7月27日はスイカの日。スイカって「果物?」「野菜?」

7月27日はスイカの日。スイカって「果物?」「野菜?」

夏の風物日のスイカ。
「さてスイカって果物? 野菜?」yjimagePBWTVLDAyjimageKKLCLC44

答えはどっちも正解。
実際、園芸統計など農林水産系統計では野菜扱い、食品分析表など厚生労働省系統計では果物扱いなのですよ。

一般用語としての野菜と果物に厳密な定義はありません。
ただし用語としては、各学会や各業界ごとに〟きちんと決められています。 たとえば農業系の本や雑誌にスイカを果物と書いたら間違いだし、食品系で野菜と書いたらこれも間違いです。

栄養学的に言うと果物のスイカ。
果物はリンゴのような核果類、かんきつ類の準核果類、桃のような仁果類そしてイチゴのような液果類に分けられます。この場合スイカは液果類になります。

そして農業学的にいうと野菜類のスイカ。
根を食する根菜類、茎を食べる茎菜類、葉を食べる葉菜類、花を食べる花菜類そして実を食べる果菜類に分けられます。この場合スイカは果菜類になります。

夏の風物詩のすいか。なんと90%以上が水分。
夏に起こる日射病の予防や解熱などに効果あります。

栄養素としては、シトルリン、カリウム、リコピン、βカロテンなどがあります。
これらはどんな効果があるんでしょうか?

①シトルリン
シトルリンはアミノ酸の一種で利尿作用の強い成分。
腎臓病の予防や体のむくみを取る効果あります。
また、血管を若返らせる効果もあります。この成分は特に皮に多く含まれるので皮を漬け物や炒め物などにすると効果的。

②カリウム
カリウムはナトリウムを排せつして血圧を下げる作用があります。
高血圧予防また動脈硬化にも有効です。その他、利尿を促してくれる作用がありむくみにききます。
シトルリンと同様でこの成分は特に皮に多く含まれています。

③リコピン
リコピンはトマトよりも沢山は含まれているのでアンチエイジングと脂肪燃焼によく効きます。
また呼吸器系の免疫力を高めるともいわれています。

④βカロテン
βカロテンは老化防止とガン予防をしてくれます。
また紫外線によるシミの原因になる活性酸素を予防します。
すなわち抗酸化性が高く、余分な活性酸素を除去するはたらきがあるんですねー。

夏の風物スイカ。スイカの縦縞模様を綱にたとえ、27を「つ(2)な(7)」綱と読む語呂合わせから、「7月27日はすいかの記念日」に定められました。yjimageLNSU42KQ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です