Call Us : 0985-58-6622

宮崎県内各地でブドウ狩りが始まりました。ブドウによって栄養は違うの??

Home  >>  お知らせ(ブログ)  >>  宮崎県内各地でブドウ狩りが始まりました。ブドウによって栄養は違うの??

宮崎県内各地でブドウ狩りが始まりました。ブドウによって栄養は違うの??

 17日(日)ハートtoハートでは、宮崎市民文化ホールまで小林市立三松中学校の佐土原誠先生が娘あすかの大好物のブドウ2種をもって応援にかけつけて下さいました。IMG_6937
あすかは小学校から中学2年生まで小林市に住んでいて、よくブドウ狩りに行っていました。
私も平成16年3月まで小林に高等学校に奉職しておりましたので、帰路途中でブドウを購入していました。
いただいたぶどうを食べながら懐かしでいっぱいになり、ブドウ畑で走り回っていたことなどが思い出されました。
ところでブドウとマスカットって栄養的に違うのでしょうか?yjimageX5EO5M09
「マスカット」と「ぶどう」って たしかに、違うのは色。黄緑色と濃い紫色。

ではもっとどこが違うか見てみましょう???

 平たく言うと、マスカットはぶどうの1品種です。
 一般的にみられる黄緑色の品種は、マスカット・オブ・アレキサンドリア、マスカット・ハンブルグ などがありますが黄緑色ではない”ブラック・マスカット”という品種もあります。
ぶどうの色は黄緑色や紫色以外にも、赤色や濃い緑色といった色々な色があります。
しかし栄養についてはほぼ同じで、
 厚生労働省の食品成分データベースなどでは 「ぶどう」に含まれています。
 主に「糖」と「水分」そして「カリウム」を含み、 暑い時期のエネルギー補給になり
疲労回復の効果もあります。
消化しやすいブドウ糖の形で含まれているので、特に頭の疲労感は回復力抜群です。
受験生の夜食にいいですね。
皮が紫色や赤色ものにはアントシアニンなどを含んでいるため、抗酸化力があり、若返りなどの美容効果や動脈硬化予防、ガン抑制などに効果があります。
紫外線にうち勝つ食材のひとつに挙げられます。
では、色の薄いマスカットはどうでしょうか?
皮や果肉にはアミノ酸やビタミンを含み、 種にはぶどう特有である抗酸化作用の
「OPC(オリゴメリックプロアントシアニジン)」を含んでいます。
体力回復の時にいいですね。
気になるカロリーは多少糖度の違いはあれど、1房(204g程度)で約120kcalなので、
 多少甘いものはそれより少しだけカロリーがあると 考えるとよいかもしれません。
マスカットとぶどうの種類はどれくらい?味の違いは??
 ぶどうの品種は世界に10000種類以上とされ、 日本ではそのうち50~60種類ほどが
栽培されていると言われています。
味の違いは主な部分は同じですが、
赤色や紫色のぶどうについては 皮や身にも含まれるポリフェノールなどに
渋みやエグミを感じる部分がありますが、
 マスカットにはそうした色素成分がない為 甘く芳醇であるといえます。
巨峰はブドウの王様
マスカットは果物の王様
といわれる由縁なのでしょうね。
日本では「マスカット=白ぶどう」
つまり、ぶどうの色を分けた際に「緑=白」と大まかに分類され、
シャインマスカットやネオマスカットといったものが 「白ぶどう」に選別されています。
 ワインの「白ワイン」は緑(白)ぶどう、「赤ワイン」は紫ぶどうで作らています。
といわれる由縁なのでしょうね。
日本では「マスカット=白ぶどう」
つまり、ぶどうの色を分けた際に
「緑=白」と大まかに分類され、
シャインマスカットやネオマスカットといったものが
「白ぶどう」に選別されています。
 ワインの「白ワイン」は緑(白)ぶどう
「赤ワイン」は紫ぶどうで作られています。IMG_6934
ぶどうの旬は「秋」今からどんどん美味しくなります。
宮崎県内各地でブドウ狩りも開催されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です