Call Us : 0985-58-6622

アメリカのポーツマス高等学校のクッキングコース主任と日米料理教室実施!!

Home  >>  お知らせ(ブログ)  >>  アメリカのポーツマス高等学校のクッキングコース主任と日米料理教室実施!!

アメリカのポーツマス高等学校のクッキングコース主任と日米料理教室実施!!

  アメリカのポースマス高等学校のクッキングコースのコース長へ料理講習会を実施。(文責:教諭&管理栄養士 野田恭子)

 伝えたかったものは「日本料理の基本様式1汁3菜」そして「だし」。昆布とかつおで取っただしをおかずすべてに使いました。

 主食・・・釜炊きご飯

汁もの・・若竹みそしる

主菜・・・魚の煮つけ

副菜・・・だし巻き卵

 副副菜・・きゅうりと若芽の酢の物

おかずのどれもだしを使っています。
では、和風だし(混合)の取り方とは

① 昆布をふき、切り込みを入れて分量の水に1時間浸す。

② 中火にかけ、沸騰直前に昆布を取り出す。

③ 沸騰したら一度火を止め、かつお節を一気に加える。

再び火にかけ、約1分間加熱する。火を止めて3分置く。

④ だしをこす。
そのだしをもとに

味噌汁、煮つけ、だし巻き卵、酢の物に使用。

濃いだしをとればとるほど、調味料が少なくて済みます。
だしの取り方とだしの味に、体に優しい日本食の形態「1汁3菜」に感動しているアメリカ人をみて、和風だしと1汁3菜は大事に伝道していかなくてはいけない使命感を感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です